google-site-verification=D2Xz34fyPX9061O65ECf3pzvA8cARIvxShZHBcKX6xI
top of page

頚椎ヘルニアの1症例



今回は、頚椎ヘルニア、ストレートネックと診断された症例をご紹介します。




頚椎ヘルニア 52歳男性(熊本市)


初診:20XX/06/09


【主訴】

左首肩〜左腕にかけての痺れ

肩こりが酷い

睡眠が浅い



頚椎ヘルニアによる首肩の痛み




【現病歴】

5年前から仕事中に左肩〜左肘にかけて痺れが出現し、整形外科で診察したところ「頚椎ヘルニア」と「ストレートネック」と診断される。

以降、コルセットをしようするようになり、最近までずっと横ばいだった。

1〜2週間程前から徐々に首肩こりが酷くなり、左腕にかけての痺れや張るような違和感が出てくる。




【既往歴】

鹿児島県出生

 

幼少期:扁桃腺の腫れ、発熱、下痢

扁桃腺が腫れやすく、よく発熱していた。

行事がある前などにお腹を下しやすい体質だった。


高校生以降:体重増加

小中校まではソフトボールやバスケット部で運動習慣があったが、高校以降は運動をしなくなり、体重が85KGまで増えていった。


大学〜20代:扁桃腺切除、転勤、首肩こり発症

一般事務のデスクワークの仕事に就く。

東京で3年→鹿児島→熊本と転勤していた。

PC作業は1日8h〜10h行い、この頃から首肩こりを自覚するようになる。


37歳:交通事故

右側から信号無視をした車と衝突事故。

とくに症状はなかった。


40歳:無呼吸症候群、以降シーパップを使用


47歳:左肩から左肘にかけての違和感、痺れ

この頃から仕事中や仕事後に首肩こりや左肘にかけての痺れ、はるような違和感を感じるようになる。


50歳:胃炎、過敏性腸症候群

妻と娘に病気が見つかり悩むことが多く、ふとした時に胃痛が出るようになる。

胃カメラでびらん性胃炎と言われる。


52歳:現在に至る



首肩こり、左肘にかけての違和感の状態

・以下の条件で悪化しやすい 

PC作業(仕事量が増えPC作業が多くなると)

睡眠不足


・以下の条件で寛解しやすい

長期休暇で安静にすること




<よく出るその他の問診情報>


問診内容

首・肩・背中がこる・痛い

左肩関節が痛む

腰が痛い

アレルギーがある(花粉症)春型


痰が切れにくい

喉が詰まる感じがする

耳鳴りがある

悩み・心配事・不安がある

眠れない

よく下痢になる

胃が痛む・もたれる

のぼせやすい

朝方に疲れを感じやすい


<健康のために心がけていること>

油ものを控える


<運動習慣>

なし


<PCモニタやスマホを観ている時間>

約10時間/日



診察

顔面気色診


顔面の診察


心肝→青黒

腎 →青白



脈診

緩滑脈

左寸口部位に枯脈

脈幅+

脈力+

重按±


舌診


舌の診察

舌背(表)→淡紅色、白薄苔、舌先のハゲ(剥落)


舌腹(裏)→暗紅色、色褪せ



腹診


お腹の診察

心下、脾募(左>右)臍周



背中


背中の診察


膈兪(左虚中実、右実)

右肝兪

左胃兪

左膀胱兪




<東洋医学的診断>

肝鬱気滞>腎虚 空間左上の偏在



<1回目治療>

左小指付近に1本刺鍼


<2回目治療>

前回施術後は眠気があり、よく眠れる

3〜4ほどは首肩の症状は落ち着いていたが、平日仕事をしていくうちに徐々に痛みが出始める。初回時の痛みps10→施術後ps3→今回ps8


<3回目〜8回目>

左頭のツボや左手のツボを使用

症状は波はあるが、徐々に改善


<9回目>

症状は仕事中にps3ほど出現することはあるが、以前よりも気にならずに仕事もできている。痺れは出ていない。


少しずつですが症状が改善され、通院頻度を月2回に減らす。



Commentaires


古い医学書
bottom of page