google-site-verification=D2Xz34fyPX9061O65ECf3pzvA8cARIvxShZHBcKX6xI
top of page

右腰部〜下肢後面にかけて電撃痛の1症例


腰から足先に電撃痛が走る女性

初診日:X年9月30日



主訴:右腰部〜下肢後面にかけて電撃痛

■発症の状況

9月18日(初診日2週間前)の朝に、右臀部に違和感程度の痛みを感じたため、普段通っているデイサービスを休む。

その日の深夜、寝ているときに右腰部から右足先にかけて、電気が走るような激痛が出現。

翌日、整形外科を受診し、「腰椎3〜4番目で神経が当たっている」と言われる。

整形外科では、腰の牽引をしてもらい、少し楽になるが、その日の夜には元の症状に戻る。

9/19〜9/25 数カ所の病院に行くが、すべて「神経があたっている」と言われる。

9/26 ブロック注射

直後は楽になったが、病院から帰るころには痛みがもとに戻っていた。

現在

症状は変わらず、ふとした瞬間に電撃痛が頻繁に来る。

夜間痛もでているため、途中で起きることもしばしば。

■既往歴

幼少期

特に大きな病気はなく、健康でよく外で遊ぶ子供だった。

中学:ソフトテニス部に所属

高校

20代

30〜40歳:足のむくみ

50代:腎臓問題なし、閉経

60歳:狭心症

72歳:交通事故

74歳:脊柱菅狭窄症

79歳:白内障

80歳:主訴発症


<その他の問診情報>

首肩が凝る

腰が痛い

痰が切れにくい

冷え症である

むくみがある(場所:足)

■医療機関から薬をもらっている


■運動習慣:有り

デイサービスでの運動:自転車


■環境

月水金にデイサービスに通う

9:00〜15:00


■自身の性格

色々考え込みやすい性格

診察所見


東洋医学的な顔の診察

顔面気色診

心肝→色抜け

脾→赤

腎 →青

東洋医学的な脈の診察

脈診

1息3至  

脈の状態:滑弦 結代脈(不整脈)

脈幅+

脈力+

重按(右無力、左±)

東洋医学的な舌の診察

舌診

舌背(表)→紅色、厚白膩苔(舌中〜舌根部)

舌腹(裏)→紅色 舌下静脈の怒張

東洋医学的なお腹の診察


腹診


心下、脾募(左>右)に邪あり、臍周、右肝相火

東洋医学的な背中の診察

背中


左膈兪・・・虚中実

左胆兪、右膀胱兪・・・虚

右脾兪、右胃兪・・実

治療の経過


<初診の治療>

治療・・・右申脈1本刺鍼

膀胱経のツボ 申脈

<2回目治療>

鍼後のだるさや眠気はなし。

前回治療後、「激痛がない時間が増えた。不意に激痛が走ることは1日の中で何度もある。痛みの強さ、質、部位は変わらない。夜間痛、夜間尿もなく眠れた。」

治療・・・右申脈に1本刺鍼 20分

<3回目治療>

鍼後のだるさや眠気はなし。

前回治療後、「激痛が来る間隔はさらに伸びていて、痛みを感じない時間が増えている。

しかし、痛みが来るとチクチクと右足先まで刺すような痛みを感じる。」

初診時の痛みps10 →現在7-8

夜は夜間痛もなく、夜間尿もなく眠れた。

治療・・・右申脈に1本刺鍼 25分

<4回目治療>

前回治療後、「治療当日は症状を感じないが、翌日から日によって右臀部〜右スネまでズキッという痛みが出る。出ない日もあり、刺されるような電撃痛は無くなっている」

普通に歩けるようになってとても喜んでいる様子。

治療・・・右申脈に1本刺鍼 30分

<5回目治療>

前回治療後、右腰〜右足の症状はかなり調子が良く違和感程度だったが、2日前に重い荷物を持ちながら階段を上り下りしたため、その日から右臀部の痛みが強い。

治療・・・右申脈に1本刺鍼 30分

<6回目治療>

右腰部から右足先までの電撃痛は一切出ていない。

たまに前屈動作で、右臀部にズキっという痛みあるが、直立していると何も感じない。

初診時ps10 →現在ps4

治療・・・右申脈に1本刺鍼 25分

<7回目治療>

右腰部から右足先までの電撃痛は一切出ていない。

右臀部はズキっという痛みではなく、違和感程度になっている。

夜間痛なし

2日前に、原因は分からないが、突然左肩にズキッという痛みを感じる。

顔を洗うときに感じる。

病院で医師から「左肩の筋繊維が切れてると思う」と言われる。

「今日は肩も一緒に診てほしい」とのこと。

治療・・・右申脈+左合谷に2本刺鍼 25分

合谷 ツボ

<8回目治療>

肩はだいぶ楽になった。ほんの少し動かしずらさはある。

腰から臀部はトイレや風呂の立ち上がり時に少し痛むことがある。

治療・・・右申脈に1本刺鍼 30分+右合谷に刺さないかざす鍼(古代鍼)



<まとめ>

こちらの患者さんは、初診日に車から降りる事ができず、電撃痛に襲われていました。いっとき安静にし、院内に入られ、椅子に座りながら行う問診でも、電撃痛が何度かあるような状態でした。

お話を聞くと、何箇所も病院や整骨院を訪れましたが治らなかったと。

しかし、たった3回の右足首のツボへの鍼治療で、電撃痛がなくなっている。

鍼治療の面白さを改めて感じました。

ちなみに腰痛=申脈という短絡的な考えで、真似すると悪化しますので、ご注意を。

膀胱のツボのラインにある申脈。

膀胱だけではなく、腎、陽蹻脈、胆、心神などなど色々な臓腑経絡に関わります。

古い医学書
bottom of page