google-site-verification=D2Xz34fyPX9061O65ECf3pzvA8cARIvxShZHBcKX6xI
top of page

動眼神経麻痺による眼瞼下垂と複視の1症例

初診日:X年10月19日



目が開かない男性


動眼神経麻痺による眼瞼下垂と複視


■お悩みの症状

動眼神経麻痺による ①眼瞼下垂(左まぶたが開かない)

②複視(物が二重に見える)



■動眼神経麻痺の現在の状況

①眼瞼下垂

左まぶたが開かない

※夜は光の加減のためか、少し開きやすい


②複視

左の眼球がほぼ動かない(左側に少し動く程度)

左まぶたを持ち上げて両目で見ると、左の眼球が動かず、視野が固定されているので、右の視野と重なってしまい、平衡感覚がおかしく気持ち悪くなる。


※現在の病院での見解

両眼球のサイズは均等になってきているが、眼瞼下垂、復視の症状に変化はないとのこと。


■動眼神経麻痺発症前の生活背景と体調


7月半ば(主訴発症2か月前)〜8月

仕事が忙しく定時を過ぎてしまうことが多々あり、好きだったゴルフの打ちっぱなしに行く頻度も減っていた頃、コロナウィルスに感染する。

38.2℃の発熱、悪寒、節々の痛み、食欲減退、倦怠感などの症状があり、上半身や後頭部に寝汗をかき、解熱。1週間〜10日程で治る。

このコロナ感染が治癒して以降、仕事中の疲労感を感じやすく、冷房に当たると寒気を感じる。


9月頃

会社の人間関係や会社への不満などストレスが貯まり、イライラすることが増えていた矢先、今回の主訴発症。



■動眼神経麻痺発症から現在まで


約1か月前の9月5日

朝起床時に、左側の眼瞼が半分くらいしか開かないことに気づく。その2日後には、普通に生活をしているときに完全に閉じるようになる。

(左目を開けようとすると、今より少し開く程度)


耳鼻科(痛み止めの処方、副鼻腔炎ではないとのこと)

日赤(脳神経内科にてMRI検査 異常なし)

糖尿病合併症の可能性(現在服用の薬で2週間様子を見る)

日赤(症状変化なし、再度MRI検査異常なし)動眼神経麻痺と診断される。


直近2週間の状況

抗ウィルス薬を服用し1週間経過した頃、悪寒がマシになってきているが、目の症状は変わらない。


初診当日の数時間前

日赤→眼球の大きさは均等になってきているが、症状不変。


当院を受診



■既往歴

小学生:扁桃腺肥大症

35歳:ぎっくり腰

47歳:尿管結石、五十肩

53歳:糖尿病


<その他の問診情報>

首肩がこる

関節が痛む

めまいがする

目の症状(疲れ・かすみ・光が眩しい涙がよく出る)

悩み・心配事がある

眠れない

冷え性

疲れを感じる(朝・夕方)


■健康のために心がけていること

食後20分ウォーキング


■余暇の過ごし方

ゴルフ・散歩・ドライブ


■PCモニタ・スマホを観ている時間

約6時間/日




治療の経過


<初診の治療>


動眼神経麻痺患者の1回目の診察


治療・・・百会に1本刺鍼 20分


百会(ひゃくえ)


百会というツボ


<2回目治療>6日後来院

初診治療後の翌朝、寝汗を全身にかいた。

その日は鍼後のだるさが少しあったが、夜には回復した。

治療後3日後から左目が開くようになり、極力両目あけて見るように心がけている。二重に見える症状は、変わらない。


動眼神経麻痺患者の2回目の診察

治療・・・百会に1本刺鍼 25分



<3回目治療>6日後来院

鍼後のだるさ眠気なし

左目は自然に開くようになってきている。

二重に見える症状は、変わらない。


動眼神経麻痺患者の3回目の診察

治療・・・百会に1本刺鍼 30分


<4回目治療>7日後来院

眼瞼下垂はだいぶ良い。

二重に見える症状は、上を見るときは両目の焦点が合うようになってきた。

両目で、右を見る→左を見るときに二重に見えて気持ち悪い。


動眼神経麻痺患者の回4目の診察


治療・・・百会に1本刺鍼 30分


<5回目治療>7日後来院

眼瞼下垂はだいぶ違和感もなくなってきている。

最初10→現在2弱くらい

二重に見える症状は、左下を両目で見ると二重にみえる。


動眼神経麻痺患者の5回目の診察

治療・・・百会に1本刺鍼 35分


<6回目治療>7日後来院

だいぶ調子いい。

前回2弱→1弱程度

二重に見えるのも減り、酔うような気持ち悪さは感じない。

体全身の疲労感も軽くなっている。


治療・・・百会に1本刺鍼 40分


<7回目治療>7日後来院

違和感なし

前回1弱→0.2くらい

少しPC作業で疲れてくるとまぶたが重く感じる程度。

また、以前まで仕事のPC作業20分ほど行うと、すぐに目が疲れていたが、最近は5〜6時間作業をしてやっと目が疲れるくらいになっている。


治療・・・百会に1本刺鍼 40分



<8回目治療>14日後来院

複視も眼瞼下垂もOK

PCを長く触ると目が疲れてくることはあるが、休みの時は何も感じない。


治療・・・百会に1本刺鍼 35分


以上で、治療を卒業されました。

こういった動眼神経麻痺や顔面神経麻痺などは、熱病、実型である場合は早期に治っていく事が多いです。この方は気逆(気血が上に上がりやすい)しやすい体質のため、偶にメンテナンスをしておくことをオススメ致しました。

古い医学書
bottom of page