google-site-verification=D2Xz34fyPX9061O65ECf3pzvA8cARIvxShZHBcKX6xI
top of page

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)/漢方

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)


桂枝茯苓丸という漢方











⚫︎組成

桂枝・茯苓・牡丹皮・桃仁・赤芍


⚫︎効 能

活血化瘀(かっけつかお)

※血の循環を活性化し、血の滞りや凝固を分散させる


⚫︎主治

血瘀 •癥塊(ちょうかい)


下腹部の腫瘤・圧痛・腹のひきつり・不正出血・月経痛・無月経、あるいは難産・胎盤残留・死胎の残留・悪露停滞など。



⚫︎病機


血瘀(血のドロドロ)が長期にわたり、気・水の流れを悪くすると、

気滞(気の停滞)

血瘀(血のドロドロ)

湿痰(体の湿気)などの悪い物質から、


筋腫などの腹腔内腫瘤を形成し、圧痛・ひきつりを伴います。


血が停滞し、ツボの気血の流れが悪くなると、「通ぜざればすなわち痛む」で月経痛が生じます。


血が下行できなくなると、経閉 (無月経)が生じます。


血が溢れると、崩漏(不正性器出血)が生じます。


活血化瘀(血の循環を活性化し、血の滞りや凝固を分散させる)により筋腫などの塊を徐々にに消退させます。

コメント


古い医学書
bottom of page