google-site-verification=D2Xz34fyPX9061O65ECf3pzvA8cARIvxShZHBcKX6xI
top of page

病気の原因は3つに別れる?三因について


木火土金水

●病気の原因の3つ-三因とは?


三因とは、「内因・外因・不内外因」の事で、病の原因を分類したものになります。


これを専門的に三因学説とも言います。


※中国の宋の時代の「陳無択(陳言)」が三因極一病証方論の中で、三因学説を提示しました。


今からお伝えする内容は、現代中医学とは少し異なりますので、まずは現代中医学の三因を知った上でお読みください。




①内因とは?


身体の内側から起こる病院です。


こちらは主に感情の変化に関係します。


・内傷七情(感情)

・飲食の問題

・労逸(異常な疲労、過度の緊張、過度の性行為またはその逆も然り)

・痰飲や瘀血(血の塊)

・内生五邪(内風・内寒・内熱・内湿・内燥)→身体の中で冷えや熱や風などが発生すること



②外因とは?


身体の外側から侵襲してくるものです。


自然界よりもたらされるもので、


・六淫の外邪(風・寒・暑・火・湿・燥)

・疫癘(様々な伝染病のこと)



③不内外因とは?

内因でも外因でもない原因の事


・遺伝のような体質

・胎養・胎教の問題

・外傷や虫獣により傷

・寄生虫

・毒物や化学薬品などの影響


Comentarios


古い医学書
bottom of page