google-site-verification=D2Xz34fyPX9061O65ECf3pzvA8cARIvxShZHBcKX6xI
top of page

①浮脈について

普段、臨床で脈を診ています。

今回は浮脈について簡単に述べます。



■浮脈とは?


胃の気(身体の免疫力や正気)が邪気との闘争を、


最前線(体表、経絡、皮毛)においている。いわゆる病が身体を深在ではなく、表面にあります。


浮脈の解析

①陽気の有余

②陰気の不足(中焦の虚)

③陰虚の極み

④陽虚の極み(虚陽上浮)


外感病で脈が浮く理由は、体表に戦線をおいているからです。

しかし、内傷病、慢性雑病で脈が浮くことには、意味がある。と張景岳はいいます。

そういった物含めて以下のような種類があります。



①気虚感冒

②陽虚感冒

③血虚感冒

④陰虚感冒

⑤気滞感冒(気滞表証)


この5種類に関しては先のシリーズで述べます。



Commentaires


古い医学書
bottom of page